雑談(活発です)

「不可逆な遊び」のすすめ

友達とカラオケに居酒屋、喫茶店….と毎日遊び疲れてはいないだろうか。

いきなりだが、タイトルの通りに

「不可逆な遊び」

というものをご紹介したい。

これは私が開発したものではあるが、遊ぶ相手がいないため、実践には至っていない。皆さんに紹介して、感想を伺いたいという運びなのである。

①不可逆とは?

ふかぎゃく
【不可逆】

《名ノナ》その状態に変化したら、もうもとの状態に戻らないこと。
 「―(的)な化学反応」
▷ irreversible の訳語。

調べるとこう出てくる。

よくある説明だが、「コーヒーにミルクを入れる」という行為は不可逆な行為である。なぜなら、ミルクコーヒーからミルクとコーヒーには分離できないからである。

②「不可逆な遊び」

では、不可逆な遊びとは一体なんだろう?

それは、一度行ったが最後、もう元には戻らない、取り返しのつかない遊びである。ここで、月並みな遊び「カラオケ」を考えてみよう。カラオケは不可逆な遊びだろうか?そうではない。散々歌ったあと、我々に残るものは何一つない。ゆえに、

カラオケは可逆的な遊びである。

では、取り返しのつかない、恐ろしい闇の匂いがする、不可逆的な遊びをいくつかご紹介しよう。どれも考えてみるだけで楽しい。

できるものから友達とやってみよう!

例1)からあげにレモンをかける

一番簡単な例がこれである。コーヒーとミルクのように――からあげとレモンも、一度混ざってしまうともう取り返しがつかない。非常にリスクの高い、極めて不可逆な遊びだ。

例2)退店してみる

少し応用させた例である。カフェで、空いてる席を見つける。コーヒーを飲みながら、会話にも飽きる。そんなときにおすすめなのが、この「店から出る遊び」だ。

荷物を全部まとめて、試しに店から出てみよう。店から出たはいいが、あなたがたは行くあてもない――さっきの席は並んでいたカップルにすでに取られてしまっている…!そう、もう取り返しがつかないのだ。

この遊びは、カフェが混雑していて、席が空いていなければいないほど楽しくなる。

例3)帰宅してみる

さらに発展させた形だ。「次なにして遊ぶ?」となったときに、この「帰る遊び」を提案してみよう。まず、おしゃべりをしながら改札へ向かう。スムーズな遊びのために定期券はポケットから出しておこう。

そして、帰る!

気がつけば、友人は近くにはいないはずである。この遊びのあと、すぐに次の遊びをすることはできない(例えば、2人が新宿に集合したあとすぐ「帰る遊び」でそれぞれ五反田、荻窪の自宅に帰り、そのあと二次会をすることは難しい)。そういった意味で、究極の「不可逆な遊び」と言えるかもしれない。

いかがだろうか?

例をあげればまだまだあるが、以上が「不可逆な遊び」のいくつかである。皆さんもお友達と、恋人と、早速やってみよう!